雑談

川下りは当面おあずけ・・・自粛なのだ。

おかしい・・・ このブログはパックラフトで楽しく川下りをする模様をお届けするのが使命だったばずだ。 じゃあ川下りになんの関係もない、上の写真はなんだ? 鼻先までおやつをかざされているのに、せつなそうに飼い主を見つめるつぶらな瞳・・...
川・キャンプ道具

カタダインの携帯浄水器「ビーフリー」のレビューなのだ

いやー、久しぶりの更新。 僕は寒いのが苦手なので、冬のシーズンは川に出撃せずに、冬眠している。 ということで、ブログに書く川下りネタもないんだけど、去年買った色んなギアのレビューを全然していなかったので、ぼちぼちとレビュー記事を書いてい...
川下り体験記

晩秋の古座川でリバーツーリング&テント泊。川旅のロマンを堪能してきた。【後編】

「川旅」 これほど男の浪漫を端的に表した言葉があるだろうか? カヌーの神様であり、リバーツーリング界のカリスマである野田知佑さんは、名著『川へふたたび(小学館文庫)』の中でこう述べられている。 確かに川旅は「男の世界」...
スポンサーリンク
川下り体験記

晩秋の古座川でリバーツーリング&テント泊。川旅のロマンを堪能してきた。【中編】

晩秋の古座川を下り、河原でテント泊をするという今回の企画。 果たして無事にテント泊地にたどり着き、ソロキャンプを楽しむことができるのか? また、己に課した過酷なミッション、「ミッション:イン古座川」を達成できたのか否かも気になるとこ...
川下り体験記

晩秋の古座川でリバーツーリング&テント泊。川旅のロマンを堪能してきた。【前編】

今まで僕がやってきたリバーツーリングは、日帰りばかりだった。 「川旅」と言いながら日帰りばかりというのが悔しくて、 「いつかは河原でテント泊したい!」 と念じ続けていたのだが、ついにその思いが結実した! 時は2019年11月...
川下り体験記

五十肩が往く、秋の和田川・赤木川根性ツーリング【後編】

五十肩(Go Ju Kata)の痛みに耐えながらも、根性パドリングで清流・和田川を下る中高年ファイター。 後編ではいよいよ、和田川から赤木川へ。秋の清流を巡る旅も、ついに後半戦に突入だ。 パックラフトってやっぱいいよね!って話 なんだ...
川下り体験記

五十肩が往く、秋の和田川・赤木川根性ツーリング【前編】

2019年10月5日。一番好きな和田川・赤木川をリバーツーリングしてきた。 今回はその模様を【前編】【後編】の2部作でお届けする。 いつもの僕の悪い癖で、どうでもいいことをウダウダと書いてしまったので、2部作になってしまった。 特に前...
川下り体験記

古座川リバーツーリング紀行【後編】。ニワトリが先か、僕が先か。

「ニワトリは3歩歩くと忘れる」という言葉がある。 しかし、すぐに物忘れをするのはニワトリだけの特権ではない。人として生まれて51年。 「あなたの特技はなんですか?」と面接官に聞かれたら、「2歩歩くと忘れてしまうことです」と即答するだ...
川下り体験記

古座川リバーツーリング紀行【中編】。豊かな時間の流れの中で。

いつもボッチの僕がついに仲間を得、「カヌー同好会」(二人だけだけど)を発足した記念の日。 前編では、新しい仲間であるアラブの王族・ムハンマドOに関する、とっても無駄な記事を書いてしまったが、いよいよ中編では古座川の素敵なリバーツーリン...
川下り体験記

古座川リバーツーリング紀行【前編】。ついにカヌー同好会始動!

僕は基本、ソロツーリング派(ボッチで寂しく川下り)だ。 でもそんな孤独な男にも、ついに仲間が出来たのだ! その男こそ、この記事で「陰毛のような髪の毛」を堂々と披露したムハンマドO、その人である。 ムハンマドOという男 ム...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました